水道を工事し断水が必要になる屋外給水管の漏水

■放置すると厄介な屋外給水管の漏水

屋外給水管の多くは地中に埋設されていて、普段目にすることがありません。そのため、漏水が起きていても気が付かずに見過ごしてしまう場合があります。各家庭への給水は圧力をかけて送水しているため、老朽化が進んだ給水管に穴が空き、水が漏れ出すことはどの家庭でも起こり得ます。小さい穴も、放置するとどんどん大きくなり、驚くほど大量に水が漏れますので厄介です。メーターより建物側で漏水が起きていれば、使用者が修理を行わなければなりません。被害が拡大するほど修理費用も水道料金もかさんでしまうので、応急措置だけではなくプロに出来るだけ早く相談と修理依頼をすることをおススメします。
漏水していることに気がつくチャンスは、主に2つあります。雨が降っていないのに地面に湿り気がいつまでもある場合と、メーターの検針です。特にメーターの検針は、以前より使用量がかなり増えている場合、検針員が水漏れの疑いがあることをお知らせしてくれるケースもあります。地面に湿り気が出るほどだとかなりの漏水であるため、早急に対応が必要です。
給水管の老朽化が進んでいれば、修理を依頼したときに配管交換工事が必要になり、断水して施工が行われます。状況によっては1日で終わらない場合もあるため、施工前に修理会社とよく話し合っておかなければなりません。使用する水を前もって準備しておくか、応急給水ができる機材や容器を修理会社にお願いして持ってきてもらう等の対策をしておかないと困ります。屋外の工事だけの場合は在宅している必要がないため、修理が終わるまで水が使える場所に避難しておくことも可能です。

■漏水箇所特定でプロに調査を依頼する重要性

給水配管に大きな穴が開いている場合はすぐに場所を特定できますが、微量に漏れている場合は調査が必要です。自分で場所を特定しようと給水管を掘り出そうなどとは間違っても考えないようにしてください。この方法は危険です。給水管が埋設されている場所がわからないため、さまざまな場所を掘らなければならないという問題だけでなく、万が一都市ガスの埋設管に傷をつけたりすれば、水漏れ以上のトラブルや危険を伴ってしまいます。
給水管工事をできる専門業者に調査を依頼すれば、市役所から給水管が埋設されている位置を知ることができる台帳の写しをもらうことが可能です。埋設場所がわかり、その部位だけを調査できるため、無駄に掘り起こす必要がなくなります。
給水管の老朽化が著しく進んでいて、配管交換が必要な場合、市役所へ着工の届出が必要です。専門業者であり、なおかつ認められている会社でなければ着工届けの提出ができません。
微量の漏れの場合は漏水箇所の特定に時間がかかってしまう可能性があります。また、水道工事は天気に左右されますので、屋外埋設配管は悪天候なら施工できない場合が多いです。すぐに復旧できないケースもある大変な作業です。業者でも困難な修理や対応になることもありますので、まず簡単に出来そうな応急措置は自分で行うとしても、その後はすぐに信頼できる業者に問い合わせや依頼をしましょう。きちんと調査した上で原因が明らかにならないと、断水が必要な程の工事になるかが分からないケースも有り得ます。調査結果を元に修理作業に取り掛かる前に説明をしてもらい、場合によっては見積書を作成してもらいましょう。

■依頼する修理会社の選び方
断水が必要になる修理工事の場合、水回り修理を施工できる会社の中でも、管工事施工ができる会社を選ぶ必要があります。また、市役所に着工の届け出書類などの提出をして施工できる会社は、その地域で指定給水装置工事事業者に認められていなければなりません。ライフラインは大切な設備であるため、認められた会社にしか施工が許されていません。市役所に問い合わせをすると紹介してもらえるため、身近に許可を受けている会社がいなかったり知らなかったりすれば教えてもらいましょう。
漏水がひどくて水道料金がかなりの金額に達している場合、メーターより建物側の破損であっても減免申請をすることで、ある程度支払いが免除されるケースがあります。減免申請を行う際も指定給水装置工事事業者による施工で修理し、地中埋設配管で知らない間に漏水していたことを証明してもらえなければ申請が認められません。
広域で修理ができると謳っている会社でも、地域で施工できる資格を有しているか確かめることが大事です。指定給水装置工事事業者は、施工に関する資格を持っていて設備や車両などもしっかりと保有している会社しか認められないため、不正な施工をされる心配がない点もメリットです。修理の際には着工と施工中、竣工時とカメラで撮影し記録して、減免申請書類と一緒に提出することがあります。また、規模が大きい配管交換をした際には、市役所がきちんと施工が行われたか検査に来る場合があります。信頼できる修理会社を見つけて依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ