家庭内の水道の工事を自分でやるなら

■水道というインフラ

最近はなんでもDIYで対応できる人が増えてきました。簡単にできるものもありますし、専門業者でなければ対応できない部分もあります。さらに資格がなければ触れない部分もあるのは大事なポイントです。水道工事に関しては、なんでもやってしまって良いわけではありません。給水管引き込み工事に関しては、自分でやってはいけない範囲です。
水道本管に管を接続して自分の家へと引き込まなければ使えませんが、有資格者でなければ触ってはいけません。水は社会を支えていくインフラです。このインフラに勝手に接触してしまえば、大きな問題を発生させるかもしれません。どんなものかもよくわからず、勝手に接続してしまえば、飲み水として使えないものになる可能性はゼロではないでしょう。接続方法がわからず、本管に穴をあけてしまい、圧力不足で供給できなくなれば、社会的に大きな問題が生まれます。そこで、給水装置主任技術者という国家資格がなければ、工事はできないように定められています。下水設備にも資格が必要ですが、制限をしなければ勝手に使う人も出てくれば公共性が失われてしまうでしょう。こうした制限があるから、正常に使い続けられるともいえます。
資格が必要なのは、接続するときだけではありません。引き直しや撤去するときにも有資格者でなければ対応できないとしています。

■自分でできる分岐水栓

本管から水道を引く工事は有資格者でなければできませんが、自宅内の給水管においては自己責任で作業を行うことが可能です。例えば、キッチンをもっと便利に使うため、食洗器を取り付けるために分岐水栓をつけたりするのは、自分で作業しても問題ありません。もちろん知識も必要ですし、道具を用意する必要もありますが、自信がある人ならチャレンジしてみる価値があるでしょう。
自分で作業をするなら、その内容に応じた道具を用意しておきます。ドライバーやモンキーレンチなどは常備している家庭も多いかもしれませんが、サイズが適しているかを確認しておきましょう。配管やナットを閉める作業にはモーターレンチかプライヤーがあると便利です。
分岐水栓は、使用している蛇口に適合するものを選ばなければいけません。品番は蛇口の根元などに書かれている場合もあるので、調べておきましょう。
作業の前には必ず止水栓を閉めます。これにより、水道に水が流れなくなり、安全に作業できるためです。
シングルレバーの水道の場合は、蛇口とレバー間に分岐水栓をプラスして延長するかたちを取ります。レバーや途中の部品を外していくため、自分で作業する自信がない人は多少の費用は掛かりますが業者に依頼してしまうのが安全です。
分岐水栓を取り付けたら、あとは元のように外した部品を組み上げていくと作業は終わります。試しに水漏れしていないか確認しておきます。
作業時間としては1時間もかからない程度ですので、費用を抑えたい場合はチャレンジしてみましょう。道具を購入して揃えたとしても、工事を依頼したときよりは安く上がりますし、自分の時間に合わせて作業できるというメリットもあります。

■基本となる蛇口のパッキン交換
水道に関する工事の中でも、比較的自分でやりやすいとされているのが蛇口のパッキンの交換です。最近の水栓は高機能化が進んでおり、構造的に難しい場合もあります。それでも単水栓など、基本的な構造のものなら、水さえ止めておけば家庭にある道具で対応することも可能です。
水道を使用しているときに蛇口の周りから水が漏れてくる場合、その原因の多くはパッキンの劣化と考えられます。交換の際は必ず元栓を閉めてから行いましょう。
シングルレバー式の場合、まずレバーと胴体部分の部品を外します。これにはドライバーやレンチが必要です。内部のパッキンを交換したら部品やレバーを元通りに直します。
水を止めていても水漏れするときは、カートリッジの劣化が原因の場合があります。これもパッキンと同様の手順で交換する事が可能です。
ハンドル混合栓の場合、ドライバーを使ってハンドルを固定しているネジを回し、ハンドルとカバーナットを外します。その下のパッキンが劣化していることがほとんどなので、これを交換します。蛇口を閉めても水漏れする場合には、ケレップかスピンドルという部品の交換が必要です。スピンドルやコマなどの金属部分は劣化が少ないものの、パッキンなどのゴムの部分は経年劣化が激しいため、長年使っていると交換が必要となってきます。
どの部品を交換するときも、必ず使用している蛇口の型番を確認してから購入しましょう。どの部品もホームセンターなどで簡単に購入することができ、高価なものではないので、業者に依頼するよりも安価に早く修理を済ませられるでしょう。
ただし、交換中にあまりにも全体が劣化していると感じた場合は蛇口そのものの交換も検討してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ