工事などで水道の水圧が弱くなってしまったら

これまでは何不自由なく使えていた水道が、ある日突然故障してしまうということは、決して珍しい話ではありません。水道は電気やガスと同じく、日本人の生活を形成する上で欠かす事ができないものとなっています。そのため、急に調子が悪くなると途端に不便な生活を送らなければいけなくなってしまいます。色々なトラブルがありますが、特に面倒なのはこれまでの水道よりも水圧弱くなってしまい、シャワーを快適に使えなくなってしまうようなトラブルです。

■水圧が下がる原因

水圧が下がってしまう原因は色々な物が考えられます。水の量を調整している止水栓や不凍栓がしっかりと前回になっていなかったり、近所で水道管の破損や事故などによって届く水の量がへってしまったり、お庭や床下、壁のなかなど目視する事ができない場所で水道管から水漏れをしてしまっているなどは、すべて水圧が下がる原因につながります。
また、断水工事の影響であったり、周辺エリアで水道管の工事をしていたり、急に水道の使用量が増えてしまった為に、一時的に圧が弱くなってしまうような事も考えられます。例えばサッカーや野球などの日本代表の試合の時には、コマーシャルに入った途端に多くの方がトイレを使用してしまった為に、瞬間的に水の使用量が増えてしまい弱まったという事例もあります。

■水圧を適切にするためには

水圧を適切にするためには、一時的な状態なのか、それとも破損などによって修理が必要なのかを判断する必要があります。特に床下や壁など目視できない場所での破損は、家を水浸しにしてしまう可能性がありますので、早急に工事店に相談する必要があります。同じく屋外の水道管の破損なども早めに処理をしなければ料金が高くなってしまう可能性がありますので注意が必要になります。
そういった破損などの原因もなく、常に何となく水圧が弱いような場合には、メーターボックスを緩めることで水圧を強めるといった方法があります。水圧を強めようとして強く締め付けすぎてしまうと、水が出なくなってしまいますので少しずつ様子を見ながら調整してください。

■まとめ
快適な水圧で使いたいという場合には、やはり調整が必要になります。もし自分で調整が出来ないという場合には、工事店に依頼するといった方法もあります。また、急に水道料金が高くなってしまっているような場合には、もしかしたらどこかで水道管が破損してしまい、水漏れが起きている可能性もありますので、早急に工事店などに調査してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ