元栓による水漏れトラブルの時の水道工事

■まずは元栓とはどこにあるのかを知ることから始める

水漏れトラブルにもいろんなパターンがありますが、その中でもひときわ特殊なのが元栓に何らかのトラブルがあって水漏れをするというパターンです。今回は元栓に何らかのトラブルが発生してしまった場合の水道工事依頼の手順や、依頼主側の最適な行動とは何なのかをまとめます。
元栓という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、この元栓とは、家全体の水の流れをストップできる装置であり、一部だけをストップできるような止水栓とは異なります。ちょっとした水漏れが発生したときに、元栓を止めようと口に出す人は多いのですが、ほとんどの方はそういって止水栓を止めているのです。まずはこういった違いがあるということを理解しましょう。また、元栓の正式名称は第二止水栓なので以降はこの呼び方で統一します。この第二止水栓は一戸建ての家庭では敷地内の地面に蓋が青か黒かシルバーのメーターボックスの中に設置されていることが多いです。主にマンションや集合住宅では、玄関先にあるパイプシャフト内に設置されています。ただし、小さなアパートの場合はパイプシャフトではなく、廊下やエントランス付近のメーターボックス内に設置されているか地中に埋まっているケースもあります。小さなアパートだとこのように第二止水栓の場所もまちまちなので、場所がわからないという人は管理人に確認を取っておきましょう。

■第二止水栓の管轄は水道局

第二止水栓から家庭に延びている水道配管は、基本的にその家の持ち主が管轄となります。第二止水栓やメーターの管轄は、そこを管理している市区町村の水道局となっております。なので、本来ならば手を出していい部分ではないのです。ただし、水漏れといった緊急対応が必要な状況になった場合は管轄外であっても、第二止水栓をしめるといった作業をすることがあります。普段は安易に触っていいものではないので気をつけましょう。この管轄が違うということが、トラブルが発生したときの対処法の違いとなって現れます。
第二止水栓トラブルは業者に依頼するものではない、ということは念頭に入れておきましょう。第二止水栓の管轄は、市区町村にありますので、そこで発生したトラブルは業者に依頼することができないのです。修理や交換作業をしてもらいたい場合は、業者ではなく市区町村の水道局に連絡をします。
水道工事関係の悩みとして多いのが、工事をしてくれる業者が多くてどこを選ぶか迷ってしまう、料金が予想よりかかってしまったといったものが多いです。しかし基本的に第二止水栓のトラブルはこのような業者に依頼する必要はありませんのでこのような問題は発生しません。業者の不手際や悪質な対応によって悩まされることは少ないのですが、費用の部分では少し問題が起こる可能性があります。

■第二止水栓の交換といった対応は無償かどうか
第二止水栓やメーターの管轄はそこを管理している市区町村の水道局なので、第二止水栓の交換やメーターの交換は無償で行われることが基本となっています。ただし、そのメーターや第二止水栓を設置しているボックスは、家主側の管轄だったり境目が判断しにくいものも多いので、必ずどの程度の費用が発生するのかを市区町村側に確認してください。どこまでが家主管轄なのかの分け方は住んでいる地域によって微妙に異なることも多いので、確認を忘れないようにしましょう。業者に費用を請求された場合は、市区町村側に連絡して現地立ち合いをお願いしてみましょう。それだけで問題が解決する場合があります。
応急処置で第二止水栓をしめるのは正解でしょうか。第二止水栓が原因とはっきり言える場合、いきなり締めることは避けたほうがいいです。家の中で水漏れが発生した場合に、その水漏れを止めるために第二止水栓を締めることは多くありますが、本来ならばこの第二止水栓は操作してはいけない部分になります。水漏れといった緊急対応以外では触りません。このように水漏れ関係の緊急トラブルならば触ってもいいという認識が広まっているので、第二止水栓まわりで発生している水漏れの場合でも、ついつい締めてしまいそうになります。この対応が悪手になるケースもありますので、はっきりと原因が第二止水栓だとわかっている場合は市区町村側に判断をゆだねてください。
第二止水栓が原因で水漏れが発生しているとはっきりしているのなら、応急処置としてしめてください、と指示を受けたら動くようにしましょう。何度も操作をした経験のある人はついつい自分で何とかしたくなるのですが、本来ならば管轄が異なっているので下手に手を出さないほうが良いです。作業に慣れてしまっている人ほど、第二止水栓で水漏れといったトラブルが発生した場合にいつも通りの癖で作業を進めてしまうことが多いです。しかし、手に負えないようなトラブルだった場合は、下手に手を出さずに市区町村の水道局に依頼することが大切です。良かれと思った行動も控えたほうがいい場面はあるので気をつけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ