元栓の修理で必要な水道工事の手順

■元栓とは何か

水回りのトラブルにもいろいろとありますが、その中でもかなり厄介なのが元栓付近です。この部分で何らかのトラブルが発生してしまい、工事が必要なケースも起こります。今回は元栓の交換対応といった、作業が必要になったケースにおいての手順及び依頼する側の一連の流れについて記載してまいります。さなざまな人達が水回りのトラブルが発生したときに、止水栓や元栓に何かあったという話をしますが、この止水栓と元栓の違いをはっきりできていないと認識の違いによる別のトラブルを発生させてしまいます。まず、この元栓とは基本的に家の外側にあるもので、その家全体の水の流れを操作することができるものです。一方で止水栓とは、家の中の一部の水の流れを操作できるものとなっております。この元栓を専門用語では、第二止水栓と呼んでいるので、ここでの呼び方はそちらに統一します。通常の水回りのトラブルは水道工事を請け負っている業者に依頼するのが普通なのですが、第二止水栓で何らかのトラブルが発生した場合は管轄が異なるので通常の業者に依頼することができません。これもポイントとなるので覚えておきましょう。
第二止水栓で問題がある場合はどこに連絡するのかについてです。第二止水栓は通常の業者では対応できません、なぜなら、メーターがセットになっているこの第二止水栓の管轄は、市区町村の水道局にあります。なので、第二止水栓の水漏れといったトラブルが発生したとしても依頼先はいつもの業者ではなく水道局にする必要があります。ここを間違えてしまうと正しい手順を踏めませんので、忘れないようにします。

■第二止水栓で何らかのトラブルが発生したときの手順について

第二止水栓でトラブルが発生したときに、こちらがとるべき手順を簡潔にまとめます。まずは、具体的な症状を確認します。被害場所を確認して明確にし、第二止水栓が原因だった場合は水道局に連絡を入れます。第二止水栓で発生している水漏れの応急的な対応で、第二止水栓を締めるといった対応をしたほうがいいのかを確認します。具体的にいつ来てくれるのか、費用はどうなるのかなどを確認します。その後担当者が来たらお任せする、といった流れになります。通常の水回りのトラブルだった場合は自分で第二止水栓をしめることが推奨されるのですが、第二止水栓そのものに何らかのトラブルがあった場合はそのやり方は推奨できません。水漏れしていたら非常に気になることもありますが、あくまでも管轄は水道局側にあるので下手に触らないほうがいいのです。向こう側から、第二止水栓を締められるなら締めてくださいといった明確な指示がない限りは、動かないようにしましょう。どのように漏れているのか確認したいので多少の水漏れは放置しておいてくださいと言われる可能性もあるので相手側の指示に従うようにしましょう。
第二止水栓を破損させれしまった場合は、どうなるのでしょうか。これも非常に難しいのですが、あくまでメーターや第二止水栓は市区町村の水道局管轄になっているので、固すぎて無理やり動かした結果壊れてしまったというケースでも、市区町村側で無償交換してくれる可能性は高いです。それでも、自分で壊してしまった場合は何らかの費用を追及される可能性はゼロではありませんので、無理に手を出す必要はありません。このようにメーターや第二止水栓の管轄は市区町村の水道局にありますので、下手に触っていい場所ではないのです。なので、メーターや第二止水栓の故障が見つかった場合は、自分で触る前に連絡してどのように動けばいいのか明確な指示をもらってください。変に動いて悪化させると自分の立場が余計に不利になります。


■第二止水栓はしめておいてほしいといわれたときの対処法
行政側から第二止水栓は可能なら締めておいてほしいと言われた場合は、ペンチやモンキーレンチやハンマーやトンカチがあれば比較的簡単に作業は終わります。屋外の場合は第二止水栓やメーターがメーターボックスの中に入っていることが多く、手が入る隙間もかなりありますので、モンキーレンチやペンチを使ってバルブを挟み時計回りに回すだけで作業は終了します。固くなって動かなくなっていた場合でもバルブにタオルを巻きつけて、傷つけないようにしてからハンマーやトンカチで軽くたたいて時計回りに動かすだけです。ただし、これが集合住宅の第二止水栓の場合は、パイプシャフト内に他の家庭の第二止水栓やメーターとまとめて設置されていることが多いのでうかつに手を出せなくなります。
一戸建てのメーターボックスとは違って手を入れて作業をするスペースが少ないことが多く、こういった作業になれていない場合は、他の家庭のメーターや第二止水栓を傷つける可能性が高くなるからです。この場合はうかつに手を出さないほうがいいでしょう。プロに一任したほうが確実に安全なケースとなります。このような場所で無理やりペンチやモンキーレンチを使って動かし、傷つけてしまうパターンは比較的多いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ