元栓より内側か外側かによって異なる水道工事

水道のトラブルなどが原因で修理をするような場合には、元栓を基準に考えるということが必要になります。実は、同じように見せる水道修理ですが、元栓よりも外側にあるのか、それとも内側にあるのかによって修理の種類が変わってしまいます。当然ながら修理の費用も大きく異なってしまいますので、水道の修理を依頼する場合には、トラブルがどの部分で起こっているのかを確認してから依頼する必要があります。

■元栓よりも内側で行う屋内配管工事

元栓から内側のエリアは屋内配管工事になります。元栓から家の中にある配管、蛇口までが屋内に含まれます。トイレのトラブルや洗濯機周りのトラブル、キッチン周りのトラブル、お風呂場のトラブルなど、室内のトラブルはこちらの屋内配管工事というカテゴリに含まれます。一般的な水回りのトラブルに関しては屋内配管工事になりますので、室内の水道のトラブルが起きた場合には、屋内の作業が上手な業者を探して依頼するようにしてください。
また、新規で家を購入したり、リフォーム時に水回りを一新するような際に必要となる蛇口の設置であったり、止水栓の設置、給水管や排水管の設置など、屋内の水道関係の作業は屋内配管工事となりますので覚えておきましょう。

■元栓よりも外側で行う給水管引き込み工事

これに対して元栓よりも外側のエリアは、給水管引き込み工事になります。水道管は一般的に家の敷地外までしかきていません。大抵は道路の下に配管が通っているのですが、その配管から自宅の敷地内の栓までを繋ぐのが給水管引き込み工事になります。寒い地方ではあまり水道を使っていなかったために、道路から栓までの間の配管に溜まっていた水が凍ってしまい、膨張したために水が溢れてしまっているようなことがない限り、日常的にこのような作業が必要になることはありません。
このような作業が必要となるのは、家を建て替えたり、新築物件を建てるような時に、これまで開通していなかった水道管を開通させるために行います。一軒家の場合には、道路から直接元栓まで繋げてしまう修理が一般的ですが、アパートやマンション、ビルなどの場合には、直接元栓に繋げるのではなく、一旦貯水タンクに繋げるようなこともあります。また、大規模なリフォームではありませんが、蛇口を増設するような際にも、給水管引き込み工事が必要になることもあります。

■まとめ
元栓の外側か内側かによって、修理内容が大きく変わってしまいます。特に外側の給水管引き込み工事の場合にはかなり大規模になりますので、費用が必要になります。給水管引き込み工事を希望の場合には、複数の業者に連絡し見積もりをとって、最もお得に作業をしてもらえる所を選んぶようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ