庭に水道を引く工事と注意点

■庭に水道を設置するために

庭を作ることは、家を建てるときには大事な要素です。使い勝手を良くするためにリフォームするときにも、庭の状況は気になるところです。水道があるだけでも、使い勝手が格段に上昇することは間違いありません。特にガーデニングを考えている人にとって、設備工事は欠かせないポイントです。
一戸建ての場合には、外部に水道設備を作ることは一般的ですが、庭に使えるかどうかは、水道を設置した場所によって違います。例えば玄関付近に1か所のみ水栓を設置しているケースだと、玄関と庭の距離が離れていると庭では水を使いづらくなってしまいます。
せっかくの庭を作るためにリフォームするなら、使い勝手が良い環境を作らなければいけません。もともとの水栓があったとしても、長くホースを引かなければいけない位置にあるのなら、それだけの手間を必要とします。散水するときにホースを取り付けるとしても、長くなると時間もかかりますし、冬場の水抜きの手間も大変です。使ったままになれば、内部に残った水が凍結してダメージを受けます。ホースの管理だけでもかなりの手間がかかるため、リフォームをするのであれば、水栓からできるだけ簡易に使えることが一番です。
もうひとつの目的として、掃除に使う場合があります。外構設備がタイルやコンクリートで作られている場合、水を撒ければ汚れも簡単に落とせます。庭にウッドデッキを作った場合も効率的に使えるでしょう。駐車スペースの近くにあれば、愛車を洗うときにも活用できます。リフォームの目的は使い勝手の向上にあるのですから、水道をどの位置に持ってくるのかが大事なポイントです。

■かなり違いが出る立水栓と散水栓

工事をする場合には、立水栓と散水栓がある点を考慮しなければいけません。単純な見分け方としては、地面から縦に支柱を立てて使うものが立水栓で、地面の中に埋め込んであるものが散水栓です。この二つは水が出るという点では同じように見えますが、使い勝手に違いがあります。
立水栓は地面より高い位置に蛇口があることが構造的なポイントで、使うときにしゃがんだりせずに水を出すことが可能で、手を洗いたい場合にも向いています。水を使いやすい環境を求めるなら、こちらが適切です。立水栓は、蛇口の下に水受けを取り付けることもできます。水受けの部分をデザイン性の高いおしゃれなエクステリアにすれば、それだけでも存在感が生まれます。実用性が高まり庭のリフォームにもぴったりの水栓になるでしょう。下にバケツを置いたりもできますし、手を汚さずに水を使うという面でも利用しやすいものになります。目に留まりやすい場所にあるため、水が出っ放しになるような失敗もなくなります。
一方で水栓の存在感を出したくないときには、散水栓が向いてます。場所をほとんどとらず、水栓自体が目立ちません。ふたをすれば存在感も消せます。その代わりに、そのままでは水道としての使い勝手が悪いため、使用する際には必ずホースを取り付けなければいけません。工事にかかる設置費用は安くなりますが、ホースなどの付属設備は毎回片付けなければいけないことからも、面倒ということであれば立水栓のほうが適切です。どのような設計にしたいのかによっても、どちらをとるのか考えなければいけません。

■環境によって設計を合わせる
外に水道を引くことは大変利便性を向上させます。それでも、これまでにはなかった設備を取り付けている状況を想像します。使い勝手を高めているつもりが、実は下げてしまう場合も出てくるからです。注目しなければいけないことは、邪魔にならないかどうかにあります。立水栓は便利ですが、地上から立ち上げてしまうことになり、あとから外せません。散水栓の場合には、場所はとりませんが上にものを置いたりするわけにもいかなくなります。デッドスペースなどを利用して設置したほうが使い勝手が向上する場合もあるため、どのような配置になるのかを具体的に決定します。
新たに敷設工事を行う場合、給水管や排水管の関係上、どこでも自由に取り付けられるわけではありません。場所によってはこうした配管との接続が悪く、設置できない場合もあります。立水栓を取り付る基礎がつくれない場所も出てくるため、設置する場所に関しては見積もりを取る際や打ち合わせの際に確認しなければいけません。
寒冷地の場合にも注意が必要です。外部に作るため、冬場の寒さで配管が凍ることが予想されます。雪の中に埋もれてしまう状況も考えられ、そのまま破損するような状況が考えられることからも、十分な養生をしなければいけません。不凍栓を取り付ける方法もありますし、屋根を取り付けて養生する方法もあります。その地域によっても違いがあるため、よく相談して決めます。通常の工事とは違った注意点もあるため、設計の段階から環境に合わせて使い勝手が良くなるように検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ