知っておきたい元栓トラブルの応急処置と水道工事

■元栓についてと元栓トラブルの応急処置

元栓トラブルによって水が出にくくなったといったケースはたくさんあります。今回はこのようなトラブルが発生してしまった場合の応急処置はどうすればいいのか、水道工事はどこの業者に依頼するべきなのかを情報としてまとめていきます。水のトラブルになった場合には多くの方が、まずは元栓はしめたほうがいいと思い行動することでしょう。しかし、ここでいう元栓が実は止水栓だったというケースも非常に多いので、まずはこれらの違いを明確にしていきます。まず、元栓とは一戸建ての家庭なら外にあるメーターボックス内にあり、集合住宅であれば玄関を出たパイプシャフト内にある、その家全体の水をコントロールする装置のことです。また止水栓とは、一部の水の流れをコントロールする装置となります。この元栓の正式名称は第二止水栓なので、ここではその名称で統一します。
第二止水栓でトラブルが発生した場合、応急処置をしたほうが良いのか気になりますが、はっきりと第二止水栓が原因とわかるような状況だった場合は手を出さないほうがいいです。というのも、メーターボックス内にある第二止水栓やメーターというのは、その家屋を持っている人物の管轄ではなく、あくまでも市区町村の水道局管轄になっているので、下手にいじらないほうがいいからです。むしろ何の目的もなく触ってはいけない部分になっています。ただし、水漏れといった緊急対応が必要な状況であるならば、素人でも触っていいことになっております。しかし、第二止水栓にはっきりとしたトラブルが発生した場合は、下手に動かしてしまうことは得策ではありませんので、まずは自分が住んでいる地域が管轄している水道局に連絡をして指示を仰ぎましょう。そこで、水漏れが発生している場合に、第二止水栓をしめて水漏れをストップしてもらいたいとはっきりとお願いされたときに動くようにしてください。素人知識で勝手に動いてしまった結果、原因究明が遅れたり、処置の状況が遅れてしまうというケースもゼロではないので、まずは管轄している人たちの指示を仰ぎましょう。

■第二止水栓の注意点としめる方法について

一戸建ての家庭では第二止水栓が外のメーターボックス内にメーターと一緒に設置されているでしょう。この場合は手を入れて動かす作業スペースがある程度確保されているので、作業になれている方ならば問題なく動かすことができます。問題はマンションやアパートといった集合住宅のケースです。集合住宅の家庭では第二止水栓はパイプシャフト内に設置されているので、隣の部屋に住んでいる方々の第二止水栓やメーターと一緒に設置されているというケースが多くなっております。パイプシャフトによってはぎちぎちに敷き詰められていることもありますので、作業は非常に困難になります。他の家庭のメーターや第二止水栓にハンマーやペンチをぶつけて傷をつけてしまうなどといったことも出てくるでしょう。こうなると余計に事態は悪化するので、集合住宅住まいの方は注意が必要です。また、地中に第二止水栓が埋まっているので手が出せないこともありますし、どこにあるのか場所すら見つけることができないこともあります。
応急処置的に第二止水栓をしめる場合に必要になる工具は、ハンマーやトンカチやペンチやモンキーレンチとなります。一戸建ての家庭を例に出すと、屋外のメーターボックスを開けて、第二止水栓のバルブをペンチかモンキーレンチでしっかりと挟んで時計回りに動かすだけで作業は終わりです。ただし、全く動かしていないために固まっていてなかなか動かない場合は、バルブをタオルで巻いてからハンマーやトンカチでたたいて少しずつ動かすといいでしょう。直接叩くと傷ついてしまう恐れがありますので、必ずタオルを使ってください。固くなっているものを無理やり動かすとなるとかなりの力が必要になり、すっぽ抜けた場合の損傷もひどくなるので、第二止水栓やメーターが複数同時に設置されるケースがある集合住宅の場合はあまり手が出せません。

■費用はどうなるの?
メーターや第二止水栓は市区町村の水道局管轄となりますので、そこでのトラブルにおける費用は無償となるケースも多いです。ただし、一部地域では対応が異なるということもあるので、まずは費用がどうなるのかも確認したほうがいいでしょう。まずは水道局の人たちに立ち会ってもらって費用がどうなるのか確認するところからスタートしてください。このケースでは業者に依頼することはありません。第二止水栓のトラブルが起こったら慌ててしまうこともありますが、市区町村側ではかなり慣れておりますので、まずはプロに見てもらってください。そこから費用はどうなるのか、工事はどれくらいかかるのかを確認してください。何回も触ったことがあるからと言って、第二止水栓のトラブルで確認なく動くのは得策ではありません。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ