水道配管に関するメンテナンスと工事の時期

■ほかの部分と変わらない水道に関する修繕

工事をする場所は家庭内を見てもいろいろとあります。電気もあれば水道関係、構造に関わるものから外構まで多くのことが対象です。自分たちがDIYで修繕したりできるような範囲を超えたものは、専門業者に依頼することが適切な選択になってきます。外壁や屋根、電気関係などに修繕が必要であることは誰でも理解しやすいものですが、水回りも確実に修繕は必要です。どんな配管であっても老朽化から逃れることはできず、時間とともにどうしても傷みが出てくるものだからです。永遠に使い続けられるものではない、ということを理解しなければいけません。
老朽化している状態であるかを知る方法はいろいろありますが、水の流れが悪くなってきているときなどは、問題を抱えている可能性が非常に高いといえます。臭いが出てくるときや、水に勢いがなくなってきているときも問題が発生しているといえるでしょう。正常に使えなくなってきていること自体なにか問題を抱えているのであって、修繕をしなければ決して元に戻ることはありません。
配管の内部の状態を知るためにはいくつかの方法がありますが、ファイバースコープなどを使って確認する方法は有効です。なぜなら、ファイバースコープであれば直接腐食状態などを見ることができ、問題点をも見つけることができるためです。給水管の劣化という面だけで見るのであれば、一部を切り取って判断するという手もあります。一番水の通りが激しい場所であるメーターに近い位置で配管を切り取れば、ほかの場所の状態を想定することができるためです。

■改修工事には多くの工法がある

配水管を含め水道配管の改修工事には、多くの工法が生み出されてきました。単純な方法は、配管自体を交換してしまうことです。剥き出しになっている状態の配管であれば、交換するのは難しいことではありません。しかし、配管の大半は見えるところにあるわけではありません。壁の中や床の下に配されていることが大半であり、交換自体に大きな手間と費用がかかります。生活空間の中で壁や床を壊すということは、簡単なことではありません。仮に外にある配管だとしても、ルートを調べる必要があり、場合によっては地面を削ることにもつながります。そのたびに復旧も必要になるため、交換工事には大きな費用負担が生じます。その代わり、古いタイプの配管からポリエチレンなどの耐食性の高い配管に交換すれば、長い寿命を得ることが可能です。
交換せずに、修繕できる方法もいろいろとあります。内部を特殊な塗膜によってコーティングするライニング工事が代表的な方法です。下準備として、まずは内部の錆や汚れを落としていきます。次に、加工工程に入ります。配管を取り換えるためにどこかを壊すこともないため復旧の必要がなく、普段通りの生活を送りながら修繕が可能です。排水管の場合は、半日から1日程度で修繕対応を終わらせることもできるほどです。
給水側の工事としては、省エネやスペースの有効化なども同時に検討し施工してしまえば、より効率を高めることができます。水の安全性という面では、配管の劣化は大きな障害です。配管の内部は直接確認することができない以上、定期的な点検をしつつ、水の供給や排水環境を適切な状態に保つ努力をしなければいけません。

■配管には必ず寿命がある
配管には必ず寿命があります。耐用限界がくる前に、施工をおこなわなければいけません。耐用の限界を超えて大きなトラブルが発生してからの対応になれば、配管そのものの工事だけではおさまらず、対応内容をさらに広げる必要があり、費用も拡大してしまうためです。
鉄などの金属で作られた配管は、錆などによって浸食されることが多い管材です。水を出したときに赤錆が見られることがあり、社会問題になった時期もありました。こういった状態である場合は、なんらかの工事をおこない処置をしなければいけません。古い建造物の場合には、交換対応が行われることもあります。
仮にどんなに優れた素材を使っていても、メンテナンスフリーになることはありません。汚れも付着しますし、劣化も進みます。日にあたるようなところは少ないことから紫外線劣化はあまりありませんが、水に触れることによってミネラル分などの付着でダメージを受けることが少なくありません。地域によって差はありますが、定期的な確認とメンテナンスを怠っていれば、その分のつけは返ってくることになるでしょう。
給水管や排水管の工事において、水道工事会社に省力化できる工法での依頼を行ったとしても、費用の負担はかなり出てくるため慎重に検討することが必要です。検討するにあたって多くの情報を得なければいけないため、点検を欠かさずおこないながら状態の確認を続けることが大切です。配管されているほとんどが目視できない環境にあるからこそ、被害が発生する前にリスクを摘んでいくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ