水道工事が必要な場所からの漏水

■止水栓からの漏水は専門業者による対処を

家庭内にある水回りの設備から漏水を発見した場合、真っ先におこなわなければいけないのは、水道からの水の供給の遮断です。水が供給されていると、一向に止まりません。水が吹き出す場合もありますし、修理をするとしても大変危険な状況です。外した瞬間に水圧によって部品が飛んでくる状況も発生し、水が吹き出していると問題点の状況確認も難しくなります。工事をする際には、真っ先に水を水の流れを止めるところから始まります。
方法としては2つありますが、単純に分類すると止水栓か元栓を閉めれば水は止まります。元栓は水道の供給を受けていればどこの家庭でもあり、一般的にはメーターの近くを探せば見つけられる装置です。家庭内の水の供給をすべて止めるために有効ですが、供給が必要な場所でも使えなくなる恐れが出てきます。大きな問題になる場合もありますし、いちいち開け閉めに移動しなければいけないため、設備ごとに取り付けられている止水栓を閉めて対応するのが基本です。
問題は、どんな設備でも止水栓があるわけではないという点です。お風呂場のように配管の大半が壁の中に収められているようなケースでは、止水栓が見つからない場合も出てきます。お風呂場に取り付けられる混合栓のようにわきに取り付けられている場合もありますが、なかなか判別がつかない場合も珍しくありません。こうした設備では元栓を閉めて対処します。
中にはこの装置から漏水してくる状況もでてきます。水回りの設備から水漏れしているよりも対処に困ってしまう場所ですが、工事して回復させることになります。止水栓の場合には、元栓を閉めることで対応もできます。問題は元栓から漏水してきたときです。水を止める方法がなくなるため、修理には専門業者を依頼になります。メーターに関する工事になるため、水道局に問い合わせする必要も出てくるため注意が必要です。

■トラブルが起きたときのために準備を

元栓や止水栓から漏水してしまう原因の大半は、装置自体の老朽化です。頻繁に可動させたりする部分ではありませんが、水が流れているというだけでも部品は劣化していきます。特に閉めたときに水漏れするとなれば、内部の部品が耐用の限界を迎えているのか、摩耗して機能を果たせないかという状況です。
止水栓の場合には、元栓を閉めて水の供給を止めたあとで床の掃除もしておくといいでしょう。応急処置でしなければいけないのは、これ以上の被害を出さない点です。専門業者に依頼して工事になりますが、待っている間でもできるため、できるだけ乾燥できるようにしておくと被害を止められます。場所によっては、バケツやバスタオルが活躍します。お風呂場のように床が防水してあるところであれば流してしまえますが、トイレやキッチン周りではそうはいきません。水を受けるためのバケツとタオルは、清掃時に使っているものでも問題はないため、普段からすぐに取り出せる場所に置いておくと安心です。一緒にゴム手袋などもおいておけば、さらに万全です。水道周りの場合には、異物などが混じりまりありませんが、身体を守るための装備は用意しておくに越したことはありません。ブルーシートやレジャーシートなども用意しておけば、バケツを置く周りも濡らさずに済みます。日常的なもので代用もできるため、いざというときのために準備は欠かさずに置きましょう。

■止水栓を閉めるときにも操作と道具の選定に注意
止水栓を閉める際には、道具が必要な場合があります。間違ったものを使ったことで破損させてしまう場合も出てくるために注意が必要です。マイナスドライバーで閉めるタイプが多くみられますが、基本は時計回りに回せば水が止まります。家庭用で用意されているものは、小さいタイプが多くなりますが、できればサイズにあった大きなものが適切です。小さなものでは先端がぴったりとはまらず、力も入りにくくなるため、うまく回せない場合もあり、壊してしまうことが出てきます。柄も太いほうが力も入りやすいため用意しておくと使い勝手にも優れます。マイナスドライバーが必要な場所としては、トイレなどがありますが、お風呂場のシャワーの止水栓などでも使われるケースがあります。
ドライバーを使わずに手で回して閉められるものは簡単です。ハンドルが取り付けられており、手でまわせるタイプも時計回りに回すだけで済むため、簡単に操作できます。中にはプライヤーやモンキーレンチで回すものもあるため、普段から確認しておくことが大切です。
実際に止水栓から水漏れしているケースは、修理も簡単とは言えません。同じ部品が手に入らなかったときには、配管の長さに合わせて交換するのも必要です。加工しなければいけないケースや固着してしまい簡単に取り外せないときも出てきます。専門業者であれば、部品も手に入りますし、加工も問題がありません。専用の工具なども必要がないため、漏水を発見したときには早めに依頼するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ