水道工事に重要になる元栓と境界

■どこから屋内かを示す大事な境界線

水道工事をするうえで重要になるのは元栓です。元栓の位置を境界として工事の内容が大きく変わるからです。見た目だけで考えれば、水道を閉めるための栓がついているだけで、なにか線引きがされていたりするわけではありません。しかし、水のトラブルから水道修理や工事が必要になったとき、だれに責任があるのかが異なります。
元栓を閉めてしまえば宅内の水はすべて供給が止まる状況が生まれます。どんなに蛇口をひねっても、最初のうちは管の内部に残っていますが、最終的には水道から水は1滴も出ません。供給が絶たれてしまっているため当然ですが、ここから分かるのは、屋内としての認識につながるという部分です。つまり、屋内配管工事という意味は、元栓から家の中に向かっている方向だというのがわかります。水道の末端にあたる蛇口は当然ですが、そこまでの配管も屋内工事にあたります。自分の持ち家であれば、敷地内の工事となりますので、費用の負担もしなければいけません。異常が起きれば自分で責任を持って直さなければ使えなくなります。
元栓から外の部分に関しては、給水管引き込み工事とも呼ばれます。これは自分の責任の範疇ではありません。水道管は、浄水本管から分岐させ、各家庭に向かって配管を伸ばしていきます。この配管は、公共のインフラにつながるため、勝手に修理をしたりすることはできません。認可された工事会社が作業を行わなければ、インフラに対して大きな影響を与える可能性も出てくるからです。この間で異常が起きたときには、修理も家庭内とは大きく異なることになります。依頼しなければいけないところも変わってくるため、どこで異常が起きているのか、判別していかなければいけません。

■元栓が故障したときには

大事な元栓ですが、いつでも使える状態にしておかなければいけません。家庭内で水の異常が起きたときには、水の供給を止めることが真っ先に行う作業です。水漏れの異常が出たとしても、水が供給されなければ、その設備に残っている水を使いきった時点で被害はとりあえず止まります。大量の水が入っているトイレのタンクがひび割れたとしても、タンクに供給されなければ、タンク内を使いきった時点でおさまります。それ以上流れ出てくることはありません。修理が必要になるものの、応急処置として元栓を閉めることは有効です。
この元栓自体も部品同士が組み合わされていることから、故障する可能性はあります。いざ閉めようとすると故障していて作業できないということにならないように注意が必要です。元栓に関しては、勝手に工事をすることができません。工事するためには本管からの水を止めなければ作業することができないからです。この工事は市区町村の水道局管轄であり、機能に問題があったときには相談しなければいけません。意図的に壊したりしたものでなければ、不良ということで修理を依頼できます。費用も市区町村の持ち分となるため、自分で支払う必要はありません。ただし、これ以上内側で異常が発生したときには、宅内ということになり、管轄が変わります。費用も自分で持たなければいけないため、境界は重要な意味を持ちます。それだけに、異常が起きているときには、市区町村の水道局立会いの下で修理するといったことも必要です。

■設備ごとに取り付けられる止水栓
水道の異常が起きたときには水を止めることが必要ですが、必ずしも元栓を閉めなければいけないわけではありません。元栓を閉めるためには、メーターのあるところまで行かなければならず、ほとんどの家庭で屋外に出る必要があります。一刻を争うような事態に屋外まで行くのは時間を要してしまいます。
家庭内の各水道設備には止水栓が設置されていて、その水道設備だけの水を止めることができます。お風呂場のように配管が見えない位置に設置される場合には止水栓がない場合もありますが、トイレやキッチン、洗面台などには必ず設置されています。その場で水の供給を止められますので、異常が起きたときにはまず異常箇所の止水栓を閉めるのが基本作業となります。
止水栓は簡単に閉められる設計になっており、マイナスドライバーなどの家庭にある道具で対応できる設計です。中には手で閉めることができる止水栓もありますが、固着して締まらないケースがあります。水道水に含まれるミネラル分などが染み出て固まってしまった状況になると、どうしても回らないこともあり、無理に回すと破損する場合もあり危険です。この場合には、元栓を閉めることになるため、普段から動くかどうか確認しておくといいでしょう。実際に確認しておくと、必要な道具の準備もしておくことができるからです。
水の供給を止めることは、水回りで作業するためには必須の手順といえます。だれもが覚えておくべき方法といえるため、一度家庭の中で確認してみることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ