水道工事と修理を依頼する前にこれだけは準備しておこう

■中古物件を購入する際にはぜひここに気をつけておきたい

近年、資源枯渇問題やエコロジーの観点で、使い捨て大国と言われていたわが国も、ようやくリサイクルなどの再利用が認知されるようになってきました。これらのリサイクル活動は、あらゆる分野で着目されるようになり、不動産や建築業界でもこうしたリノベーションやリフォームが活発に行われるようになりました。リノベーションやリフォームの良さは、新規に建物を施工するよりもコストパフォーマンスに優れており、最近では投資の対象としても見直されています。
ここで注意しておきたいのは、中古物件で特に傷みの激しい水周りの部分です。水周りをないがしろにしてしまうと、後で水漏れや配水管の詰まりなどに悩まされることになり、2度手間などによって経費がかさんでしまうこともしばしばです。そこで、マンションや一戸建て住宅など、中古物件を購入する際には必ず水周りの確認が必要だということです。内装などのリフォームとともに、水道工事や修理を行うことで、手間が一度で済みますので最終的にはコストの削減にもつながります。
特に、投資の対象として、マンションやアパートのリフォームを行う場合、上水管や配水管のトラブルは直接水漏れの危険性があります。1階の部屋であれば、その部屋だけで済みますが、水漏れによって下の階に影響を与えてしまえば、莫大な費用を請求される恐れもあるのです。特に、共用設備やエレベーターに近い部屋であれば、大問題にも発展しかねないため、事前に水周りのチェックは必ず行っておきましょう。また、こうした水周りのチェックは、素人ではわかりにくいため、専門の業者に依頼することをお勧めします。

■水周りで特にトラブルが起きやすい場所とは

水周りで、特にトラブルが起きやすい場所は、日ごろから頻繁に利用する箇所や、タイプの接続部分や曲がった部分などの不具合が起こりやすい箇所です。また、頻繁に利用する箇所で、キッチンやお風呂場、トイレなどの配水管は、不適切な使用や定期的なメンテナンスを行わなければ、詰まりの原因となってしまう箇所です。特に、こうした配水管のつまりや水漏れなどによって、水道工事の修理が多い場所として、一番多いところは蛇口の部分です。蛇口部分は、頻繁に使用する為、どうしても負担がかかりやすく破損も多い箇所です。ひねって水を出す蛇口タイプは、水漏れを気にしてあまり強く締めてしまうと、中のゴムパッキンや金具に負担がかかりやすく、かえって水漏れの原因を招いてしまうこともあります。また、中古物件などを購入する際、特に築年が古い家屋などは長年水を使用していなかったため、上水管や配水管がさびついてしまっている可能性もあります。上水管の場合、飲み水に利用しますので、生活に直接影響が起こります。また、東北や北海道などの地域は、凍結防止の対策を行っていますが、そのほかの地域では外にむき出しになっている水道管が、凍結時に破裂してしまう可能性もありますので、しっかりと対策を行っておきましょう。
また、最近問題になっているのが上水管の分岐問題です。これは、水漏れが見られないのにもかかわらず、水を使用していないときにも水が出ているといった状態が起こります。チェック方法としては、家庭内の水栓をすべて閉じたうえで、水道メーターのチェックを行いましょう。この状態で、メーターが動いているようであれば、専門の業者に確認してもらいましょう。

■水道工事を依頼する前にチェックしておくポイント
水漏れや詰まりなど、水周りの修理を依頼する際には、あらかじめどこで問題が生じているのか、チェックしておくと業者の方も対応しやすいというものです。基本的に、こうした専門業者は、工具や部品をあらかじめ搭載していますが、特殊な配管やパーツなどは手配が間に合わない場合があります。最近では、ワンタッチ式の水栓が多くなってきましたが、こうしたワンタッチ式蛇口などはメーカーによって多種多様です。パーツだけの交換で本来はさほど補修料金がかからなかったはずが、手配が間に合わず、すべてを交換してしまえば、それなりの料金がかかってしまいます。同様に、一部のパーツだけで済むのか、また蛇口ごと繋がっている配管までも交換しなければならないのかによって、料金は大きく異なってきますので、しっかりとした点検と見積もりとともに、交換の理由などを聞くことも大切なことです。また、元栓の内側か外側かによっても、料金体系は大きく異なってきます。水の元栓から内側は、家屋部分となりますが、家の水漏れや詰まりなどのトラブルは、比較的安価な修理費ですむことが多いものです。しかし、こうしたトラブルが、水の元栓から外側にある場合、ケースによっては自治体に問い合わせが必要となり、個人で負担するにはかなり高額な工事費が必要となるものです。また、上水管や配水管などの水漏れや詰まり以外にも、水圧が弱くなってしまうといったトラブルもあります。こうしたトラブルに関しては、素人判断はせず、専門の業者に依頼して点検を行ってもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ