水道工事を要する漏水、発見する方法と外部で注意するポイント

■水漏れしているかどうかを判別する

自分の家が漏水していたとしたら、ひじょうに大きな問題を生み出す可能性が出てきます。家の中が水浸しになりますし、集合住宅では他の階に流れ込む可能性も否定できません。漏水の規模にもよりますが、驚くような額の損害賠償が請求される場合もあります。平屋であっても、自分の家の構造部材が水に濡れるとダメージを与えますし、木材は水を吸い、壁紙などは伸びてはがれてしまうかもしれません。復旧のためには大規模な工事が必要となります。こうした事態になったときにどうやって対処をするべきか、知識を持っておくことが大変重要です。
水道管から漏水しているのであれば、その分水を使っている状態です。普段見えにくい床下で漏れていたら、水が流れていても簡単に発見できない状態となります。そんな時でも大事な役割を果たしてくれるのが、メーターです。
メーターは水の使用量をはっきりさせるためにありますが、これは水がどこへ流れていても変わりません。怪しいと思ったときには、メーターを見てみると確実です。他に水を使っている場所がないのを確認して、水道メーターをチェックしてみます。戸建てであれば玄関の周りにありますが、車などが通らない場所に避けて設置されていることがほとんどです。なぜなら上に車が載っているとメーターの検針ができませんし、重さで壊れるかもしれないからです。そういった場所を避けて青いふたが取り付けられていれば、これがメーターです。
メーターを見ると、水が漏れていればわずかでも動きがあります。メーターの動きが微妙で分からない場合は、パイロットを見てみましょう。水が少しでも使われていればこのパイロットが動くため、漏水しているかどうかの判断ができます。

■給湯器からの漏水

水道の漏水が考えられる場所はいろいろとあります。大量に漏れてきている場合は、工事をして復旧をしなければなりません。外周りでトラブルを起こしやすいのが給湯器です。給湯器は水道の供給を受けて、ガスなどを使ってお湯にします。水道が接続されているため、何か問題があれば、大量に水が漏れ出してくる可能性もある場所です。
給湯器において漏水につながりやすいのが、接続部分の緩みです。何かの問題があって外れてしまったりすれば、大量に漏れてきます。使っている間にお湯が出ない、水が出ないという症状が重なるため、判別もしやすいでしょう。接続部品にパッキンが使われているのは、他の部分と変わりません。経年劣化も見られる部品で、定期的に交換をすることが求められます。
給湯器自体の限界もあります。いつまでも使えるように見えますが、水も燃料も使う機材で、かなり複雑な形状をしています。だんだんと老朽化してきますし、部品は供給の限界があることも理解が必要です。生産の開始からだいたい10年経つと、専用の部品の生産が終わり、在庫だけで修理をしなければなりません。このような条件から、設置してから7年程度経てば、本体ごと交換するのを視野に入れておくようにしましょう。
水漏れと思っていたら、実はドレーンから漏れていただけという場合もあります。給湯器は自立して内部の水を排出できる設計です。排出する条件はいろいろとありますが、ドレーンホースから流れている時は故障ではありません。

■配管に力がかかって壊れる状態
水回りの設備はいろいろとあり、どれも耐久性は様々です。配管は強度のある素材が使われていますが、絶対に壊れないわけではありません。水道管が破裂してしまうようなことも起きます。
配管を土の中に通す時、車が通るような場所ならできるだけ深くしたり、安全に使えるような構造にしたりしますが、想定していない場所の場合には、そこまで複雑に作られていません。初めから圧力など外力を受けない場所に設置する場合もしばしばです。庭に水道を増設する場合、そこまで深く掘って配管せずに、地上に設置している時があります。そのため間違って車で踏んでしまい、割ってしまうことも考えられます。
排水ますなどもコンクリートで作られていますが、上に車が乗れば割れてしまい、漏水する可能性があります。コンクリートだから壊れないというわけではなく、安全に使い続けるためには、こうしたリスクを受けない場所を選ぶことが求められます。直す際には大掛かりな工事が必要になるため、リスクを下げることが重要です。
外に設置されている水道管が凍結して破裂するというのも、工事が必要な例です。あまりに気温が下がったりすると、配管の中の水が凍ってしまう事態が起きます。水が凍ると体積が膨張し、内部から強い力で配管を押し広げてしまうのが水漏れにつながる原因です。どこかに弱い場所があれば、そこから亀裂が生じていき、氷が解けてから大量の漏水が始まります。こうなると元栓を閉めてしまうしか対処方法がなく、配管を新しくする工事が必要になるため、専門業者に相談をするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ