水道の配管の老朽化から生じる工事の方法

■耐用年数はだいたい15年

水道管は、使っている間に老朽化していきます。思わぬトラブルも引き起こしてしまう状態です。配管内がさび付いてしまい、パンクして吹き出すような事故もニュースなどで見かけることがあります。生活に欠かすことができない水だからこそ、家庭内でも配管の状態に気を付けなければいけません。
水道管の耐用年数は、15年といわれています。大蔵省令15号に減価償却資産の耐用年数等に関する省令がありますが、この中で耐用年数を15年と設定しているためです。実際には製品の性能も高まってきており、寿命もどんどん変わってきています。
古い配管は、強度が失われてきている可能性があり、大規模な工事をして交換が必要な場合も出てきます。長年使っていると、内部が劣化するからです。また、普段使っている間はなにも異常がなくても、地震があったりするともう耐えきれなくなり、水が吹き出してしまう事態も起きます。自治体でも工事を進めており、交換などの対応をしていますが、一般の家庭でも同じような事態が起きないわけではありません。それどころか、家の敷地内などで起きれば、大惨事どころかすべて自分で責任を取る必要が出てきます。
寿命が短い理由のひとつは、かつて水道管は金属が使われていたからです。鉄から鉛に代わっていったのも、加工しやすく急速なインフラ設備の発展に合致していました。ところが、この鉛が水に溶けだしてしまうのがわかり、今では使用を禁止されています。腐食しないように作られているコーティングが施されたものや塩ビ管、ステンレス管が主流です。それでも、交換していないところがあれば、いまだに金属製の錆びやすい素材が使われている可能性があります。

■見逃してはいけない老朽化のサイン

水道の配管の老朽化のサインは、いろいろなところに出てきます。一番はっきりしているのは、水が濁ってきている状態です。不純物も混ざっていたりすれば、さびなどの可能性が高く、早めの点検が求められます。さびが流れの邪魔をすることによって、水の出も悪くなるのも同じ現象です。味の変化も出てきます。さびが水に混ざるためですが、同時に異臭も発生してくれば、飲み水として問題があります。放置していればどんどん悪化していきます。
腐食が進むと圧力に耐えきれない部分が出てきて、やがて配管がパンクし、漏水するリスクが高まります。変化として、天井や床、壁などに水のにじみが見られるようになれば、水漏れが始まっている状態で、配管の老朽化も進んでいると考えられるため、早急に交換のための工事を検討しなければいけません。状態にもよりますが、仮に補修したとしても、ほかの部分にも同様の劣化が見られるようになる可能性があると、一時的にしかしのげなくなります。
水漏れの可能性が出てきたときには、いったんすべての水の使用を止めます。この状態から水道のメーターを確認して、動きがあるようなら水漏れしているのは間違いありません。シミができているようなところから重点的に調査して状態を確認する必要があります。逆にメーターに何ら反応がないのであれば、水道配管ではなく、排水管からの水漏れの可能性があるでしょう。なんらかの問題による結露も考えられますし、集合住宅では隣室からの水漏れといった状態も疑わなければいけません。

■責任の範囲と老朽化への対処
水道の配管を交換しなければいけないときに、公共のインフラとしての部分と、個人の責任の範囲が重要になります。この区別により、工事費の負担先が変わってくるからです。
公共のインフラとして、配水管から給水管がつなげられ、各家庭に供給されていきます。ここで重要になるのが止水栓です。止水栓よりも配水管側は公共のものと考えられます。逆に敷地内側は利用者の管理下になります。道路の下は個人では管理できないため、行政側が責任を取らなければいけません。工事の必要があるときには、ほとんどの場合、止水栓からどちら側かで判断するため、行政に確認してみるのが大切です。
もしも、宅地の中で水漏れを起こし、大量の水道量が発生したときに発見しにくい埋設してある配管などは、条件付きで減免申請ができる仕組みもあります。行政単位で扱いが異なるため、対象となる条件に違いがありますが、いざという時に利用できる救済の仕組みがあることを知っておきましょう。
老朽化してしまった配管は、交換するのが最も根本的な方法ですが、どうしても費用がかかります。クリーニングして状態を改善する方法もいくつかあります。いったん圧力を抜き、内部にホースを挿し込み、エアでさびを除去していく方法や、薬品の投入での洗浄もあります。寿命はそこまで長くはありませんが、樹脂でコーティングして延命するの方法も使われています。規模や状態によっても違いますので、老朽化した状態になったら、業者に点検してもらい、対処方法を検討していくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ