水道の元栓トラブル対処に必要となる工事とは

■そもそも元栓と止水栓の違いって何?

水道工事にもいろいろと種類がありますが、その中でも特に扱い方が難しいのが元栓です。今回はこの元栓関連のトラブルが発生してしまった場合に、どのような工事が必要になるのか、正しい対処法はいったい何なのかをわかりやすく説明します。水のトラブルは頻繁に発生するものではありませんが、実際にトラブルにあったときの対処法を覚えておけば、いつか必ず役立つことがあります。
なんとなく使用者は止水栓と元栓を違うものとして扱っていますが、具体的にどのような違いがあるのかがはっきりしないと対処しにくいでしょう。この2つの違いは、家全体の水をコントロールできるものと家の中でもごく一部をコントロールできるものとなります。もちろん、前者が元栓で後者が止水栓です。元栓の正式名称は第二止水栓なので、ここからは第二止水栓という表現で統一します。ただし、この第二止水栓の管轄はそこの土地を持っている人ではなく基本的に市区町村の水道局になりますので、たとえ工事が必要になったとしても費用が発生しないことのほうが多いのです。
第二止水栓トラブルで必要になる工事や費用については、どのようなことがあるのでしょうか。第二止水栓で何らかのトラブルが発生して、工事などの対応が必要なケースは、水漏れ対策や第二止水栓そのものの整備不良が基本となってきます。この第二止水栓は市区町村の水道局管轄となっていますので、整備不良対策や交換対応といった仕事が発生したとしても費用が発生しないことのほうが多くなっています。例えば、第二止水栓から量水器で何らかのトラブルがあった場合は、市区町村管轄での対応が基本となりますので費用は発生しませんが、量水器から内部で何らかのトラブルが発生した場合は家主側の管轄になるのでいくらかの費用が発生してしまう可能性が高いです。

■どんなケースだと修理費を支払う必要があるのかについて

第二止水栓トラブルで費用が発生するかどうかは、かなり微妙なところもあります。まずは市区町村の水道局に連絡して、現地の立ち合いをしてもらったほうがいいです。これらの対策をしている業者の中にはさまざまな業者が存在していますので、直接依頼したほうが安全です。ただし、第二止水栓そのものの管轄が市区町村でもそれをメーターとともに入れているボックスは依頼主側の管轄でその費用が発生するというパターンもあります。どこからどこまでが、自分で対処しなければいけない範囲なのかも必ず確認して御置きましょう。一部地域では例外もあるというパターンもありますので、自分たちが住んでいる地域はどうなっているのかは調べる必要があります。ちなみに、業者であれば第二止水栓も家の中にある第一止水栓も対処可能というイメージを持たれている方も多いです。通常の業者では市区町村管轄の第二止水栓は対応できないので、対応するといきなり話を持ち掛けてくる業者には気を付けましょう。
第二止水栓で水漏れし続けているときは、むやみに動かない方が良いです。自分の家の中にある第一止水栓の場合は、スパナやハンマーなどを使って開け閉めすることは特に問題はありません。しかし第二止水栓が相手の場合は、下手に動かしてしまうのは得策ではないのです。きちんと市区町村に連絡をして、どのように対処すべきなのか指示を受けます。行政が管轄になっているものをこちらの意志で勝手に動かしてしまうのはプラスに働かないことが多いので、指示があった場合のみ動くようにしましょう。そこで、第二止水栓で発生している水漏れは応急処置的に今は止めてもらいたいという指示があったのなら、出来る人は動くというスタンスで構えておきましょう。

■第二止水栓を締める方法について
応急的な水漏れ対策として、第二止水栓を締めてほしいという指示があった場合、モンキーレンチやペンチやハンマーといった工具が必要になります。屋外にある第二止水栓をしめる場合に最も簡単な方法がペンチやモンキーレンチを使ってバルブを挟んで時計回りに回すことです。大半の第二止水栓はこれで完璧にしまります。ただし、第二止水栓は普段振れる回数が圧倒的に少なく、とても固くなってしまっているケースも多々あります。その場合は、タオルとハンマーを使って動かすことが必要になるでしょう。
こちらもやり方は簡単で、バルブにタオルを巻いて傷がつかないようにしてからハンマーで少しずつ叩いて時計回りに動かすといったやり方です。第二止水栓は市区町村管轄なので、傷つけてしまうとトラブルになってしまう可能性が高いです。ハンマーといった工具でたたく場合は必ずタオルで保護してください。第二止水栓で工事が必要になるケースというのは稀ですが、確かに存在します。ただし、第二止水栓のトラブルに対応するのは通常の業者では不可能なので、必ず市区町村の担当部署である水道局へ依頼するようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ