水道の元栓を交換する工事の方法や料金はどのくらいか

■そもそも元栓とは何か

水まわりのトラブルになった場合の最終手段が、元栓を止めることでしょう。しかし、この元栓にトラブルが発生していた場合は、何をやっても治らないケースがほとんどです。今回は元栓で何らかのトラブルが発生してしまったときに、交換する工事はどうしたらいいのか、その時の費用はどうなっているのかを説明します。水まわり最大のトラブルである元栓の故障について記載する前に、まずはこの元栓とは何かを知る必要があります。基本的に水道におけるこれは、屋外にある水の使用量がわかるメーターのすぐそばにある止水栓のことです。専門用語では第2止水栓と呼ばれているのですが、一般的には元栓という名称で呼ばれております。最もわかりやすいのが一戸建ての第2止水栓で、自宅のお庭のちょっとしたスペースにある小さなマンホールに隠されて設置してあります。これがマンションなどの集合住宅の場合は屋外ではなく玄関から出たすぐそばにあるパイプシャフト内にあるのが一般的です。電気のメーターと併せて設置されることが多いので見つけるのは簡単なのですが、集合住宅の場合は他の家庭の電気メーターや水道メーターと一緒に配置されているので、自分の部屋番号のメーターがどれかを必ず認識しておく必要があります。
第2止水栓の交換はどの業者が行うのでしょうか。これはなかなかに難しい問題です。というのも水まわりの管理所有権というのは止水栓から蛇口までであり、水のメーターなど第2止水栓に関する器具というのは水道局に所有権があるのです。つまり、メーターのそばにある第2止水栓を自分の意志で勝手に交換するのはNGということになります。何かあったときに水漏れを解消する場合は第2止水栓をいじってストップさせることはOKとなっていますが、このような緊急の処置以外では元栓を動かしてはいけないのです。トラブルの原因が第2止水栓まわりにあるということがわかったらまずは自分たちが住んでいる地域を管轄している水道局に連絡をして状況を説明する必要がありうます。このように対処するのは工事業者ではなく市区町村となります。

■市区町村が動くなら費用はかからないのかどうか

これも意見が分かれているので不明瞭な部分があります。メーターボックスや第2止水栓は市区町村管轄なので、この部分で何らかの部品交換が必要になった場合は無償で交換してくれることが多いのですが、水のメーターやメーターよりも道路側にある部材以外は基本的に自己負担になるので何らかの費用が発生する可能性は高いという意見もありますので、先に確認したほうがいいでしょう。いわゆるこのメーターが入っているボックスの故障となった場合は無料ではなく、有料の交換になる可能性が高いです。ボックス交換が必要になったらだいたい1万円程度はかかってしまいます。パッキンの交換が発生した場合は工事費用は8,000円程度必要になるでしょう。
ハンドル式の第2止水栓が固過ぎて動かない場合があります。室内にある止水栓ならば動かすことがしばしばありますが、家の外にある第2止水栓はめったなことがない限り動かしません。なので、長期間放置してしまうこと良くあることです。そのため、水漏れの原因を探って第2止水栓付近が原因と気が付いても、肝心の第2止水栓がガチガチに固まって動かないというケースも多々あります。これがハンドル式ならばマイナスドライバーやハンマーを使って衝撃を与えて動かすしかないでしょう。時計回りにまわせば水は止まりますので、ハンドルの部分にマイナスドライバーをひっかけてハンマーで軽くたたいてください。てこの原理を使うのです。ただし、強くたたきすぎると元栓が壊れてしまう可能性がありますので乱暴に扱ってはいけません。このように固着してしまった場合に動かしやすくなる動きをよくするスプレーを使うのも有効でしょう。

■バルブタイプの第2止水栓が固過ぎて動かない場合
この場合は、モンキーレンチやペンチといった工具を使って動かすことができます。やり方はいたってシンプルでバルブを用意したモンキーペンチやレンチを使って、挟み込んで動かすといったやり方になります。回転方向は水を止める場合は時計回りになるので、覚えておきましょう。このやり方でもうまくいかないという場合はハンマーを用意します。トンカチでも大丈夫です。ただし、第2止水栓を直接強い衝撃を与えると破損してしまう可能性が非常に高いです。必ずタオルなどを使って、直接衝撃が行かないようにしてからハンマーで時計回りに動かしていきましょう。紐をひっかけて引っ張って回すという方法もあります。基本的には、こういった日曜大工で使う工具が必要なのです。
このように水道の第2止水栓を交換する場合は工事業者に頼むのではなく、市区町村で水回りを管理している部署に依頼するのが基本となってきます。ただし、どこまでが無料でどこまでが有料なのかのラインは市区町村で多少異なってきますので、費用については必ず相談したほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ